剣道

剣道で使う防具は材質で耐久年数が変わる|オーダーにかかる期間

防具それぞれの着用方法

剣道をする人

剣道の防具を着用する場合は、それぞれの着用方法を覚えておかなければなりません。1つの防具に対していくつかの方法があるので剣道に関するビデオや剣道に関する本などから勉強してみましょう。

防具セットの購入価格

剣道着

剣道をする上では竹刀と防具を揃える必要があります。防具は通販サイトからセット購入をすると約2万円から3万円ほどでは購入することが可能です。また、送料無料店舗であれば比較的費用を抑えて揃えることができます。

稽古後の手入れ

竹刀

剣道は厚みのある防具を着用して数時間にも及ぶ稽古を行なうため、大量の汗をかきます。しかし稽古終了後は自然乾燥をするしかないため臭いなどを取り除くのであれば、消臭剤などを使って手入れを行なうようにしましょう。

防具に使われる素材

運動

剣道用の防具を売っている店舗は複数店舗ありますが、見た目においてさほど差がないためどれが一番よいのか分からないという方も多いでしょう。そこで、防具に関してどういったものを選んだらよいのかという点について確認していきましょう。高級素材が使用されている防具はどれも数十万円単位の高額な防具になります。
面や胴などの各部位には竹刀で叩かれた際の衝撃を吸収するための様々な工夫が凝らされています。例えば、面に使われている革にもいくつかの種類があり、安いものでは牛革であったり、クラリーノ製のもの、高いものは鹿革を採用しています。それぞれの革の特徴は衝撃吸収の違いだけでなく耐久性にも違いが出てきます。安い防具の場合には2年や3年ほど使っていると革がダメになってしまい、買い替えや修理が必要になってくることもあります。長い目でみるのであれば、始めから高品質な素材を使った防具を買ったほうが最終的に安上がりになることもあります。

高い防具の種類ではオーダー発注で制作してくれるものもあります。そのため、自分の体に合うピッタリのサイズで作られるため、剣道の稽古の際に思い通りの動きができることでしょう。しかし、オーダー発注であってもそこまで時間がかかることはなく、店舗によっては約10日から2週間ほどの短期間で仕上げてくれるところもあります。オーダーする防具の材質によって料金が大きく異なるので、それぞれの素材の特徴を理解して予算内に納まるものを選びましょう。